MENU

ソニー銀行カードローンを活用するために必要な書類は

ソニー銀行カードローンは、インターネットを使って申し込める便利な銀行カードローンです。
しかし、店頭確認などができないことで、支障をきたす部分があることもまた事実でしょう。

 

必要書類などの扱いはどうするのか、ここを抑えておくだけで、かなり便利になってきます。

 

ソニー銀行に口座がある場合

 

ソニー銀行カードローンの場合、口座があることでかなり便利に使うことができる銀行カードローンであることは間違いないでしょう。
これは、必要書類ということにも、大きな影響を与えるからです。

 

口座がある場合、改めて口座を作る必要がなく、非常に素早く進めることができる特徴を持っています。
そのため、事前に口座を開設しておくことが重要となるのが、ソニー銀行カードローンでもあるのです。

 

希望限度額が300万円以下の場合、口座があれば必要な書類は何もありません。
実に簡単に進めることができるようになりますが、限度額が300万円以上となると、収入証明書を提出しなければいけなくなります。

 

源泉徴収票、住民税決定通知書、確定申告書、納税証明書のうち、いずれかのコピーが必要になってくるのです。
基本として、300万円を超えなければ、非常に便利でスムーズに運ぶともいえるでしょう。

 

口座がない場合に必要となる書類は

 

だれでも口座があるとは限りません。
その場合には、少し必要書類が変わってきます。
口座がなくても、希望限度額が300万円以下であれば、特に提出しなければいけないものはありません。

 

ですが、口座を作ることになるため、ペーパーレス口座開設か、郵送での開設を行わなければいけなくなります。

 

ペーパーレスの場合には、本人限定受取郵便を使うため、書類を送る必要はありません。
しかし、郵送での開設の場合には、確認書類を郵送することになります。

 

この希望限度額300万円以下の場合、初回振込サービスを利用することになるでしょう。
その場合、本人確認書類と振込先口座の通帳かキャッシュカードのコピーを提出しなければいけません。

 

希望限度額が300万円超えた場合には、口座がある場合と同様に収入証明書が必要となり、初回振込サービスを受けるのであれば、やはり振込口座の通帳かキャッシュカードにコピーが必要になります。


このページの先頭へ