MENU

ソニー銀行カードローンをうまく返済していくため方法とは

ソニー銀行カードローンも含め、お金を借りる以上、金利をつけて返済をしていかなければいけません。
この返済には、様々な方法があり、どこも同じ方法を使っているわけではないのです。

 

特徴にも違いがあり、返済していくうえで押さえておくべき部分もありますので、よく理解して申し込みをしていかなければいけません。

 

残高スライド返済方式とは何か

 

ソニー銀行カードローンの場合には、残高スライド返済方式という方法を採用しています。
この方法の特徴は、毎月の返済額は、借入残高によって決まります。

 

これをスライドと呼びますが、返済が進むにつれて、返済額が減少する特性を持っているのです。
つまり、どんどん負担が軽くなっていく方式と考えることができるでしょう。

 

例を挙げれば、100万円借り入れているのであれば、12,000円の返済となります。
ところが、10万円になると、2,000円となるのです。
この差はかなり大きなものとなるでしょう。

 

ですが、返済金額が減っていくことになるということは、それだけ返済期間が延びていくことになります。
自動的に返済額が決まっていくため、思っている以上に終わりが来ない危険性があることを承知しておくことが必要なのです。

 

繰上げ返済の活用がポイント

 

ソニー銀行カードローンの返済方法は、確かに負担は少なくなりますが、これがデメリットになってしまう危険性もはらんでいます。
そこで、減っていった返済額の分だけ、繰上げ返済をするということがポイントになってくるといえるでしょう。

 

例えば、残高が10万円となり、12,000円を返済していたのにもかかわらず、2,000円になったとします。
1万円が浮くわけですが、これをそのままにせず、繰上げ返済してしまうのです。

 

単純に考えた場合、10万円を2,000円ずつ返済したとすると、利息まで計算して75か月かかってしまうのです。
もちろん返済金額も増加していきますが、これが1万円繰上げ返済するとわずか11か月で終了してしまいます。

 

利息の総額は4万円以上もの差がつくことになりますので、できるだけ早く返済できるようにしていくことが重要といえるでしょう。


このページの先頭へ